記録方式別ビデオカメラ比較

ビデオカメラは撮影する映像の「質」を決める重要な機材です。前述の必要機材の中では最も重要かと思います。今やデジタルビデオカメラも記録方式によって様々な種類のものが市場には出回っていまして、正直これから購入を考えている人は迷ってしまうところです。それぞれに長所・短所がありますので、最初に記録方式の違いによる比較から解説していきたいと思います。

DV(Digital Video)カメラ

映像を「民生用デジタルVCR規格」に基づいたデジタルデータとして、MiniDVというテープに記録するビデオカメラのことで、一般的に販売されている「デジタルビデオカメラ」はこのDVカメラのことを指します。ビデオの仕様説明では、信号方式がNTSC日米標準信号方式記録方式、記録方式がMiniDV方式または民生用デジタルVCR規格SD仕様となっています。

95年の登場以来、いまだに家庭用のビデオカメラとして第一線で活躍していますが、その理由は「画質が良い」という点に尽きると思います。ハイビジョン対応ビデオカメラを除いた家庭向けビデオカメラで最も高画質な記録方式がこのDV規格なのです。この方式で撮影された映像はDVD画質程度なら軽く凌駕します。またIEEE1394(DV端子やSonyではi.LINKと呼ばれています。)という規格の端子を備えており、パソコンに映像データを送ったり、パソコンから送られてきた映像データをMiniDVテープに記録したりすることが出来ます。

欠点として、小型化は進んでいますがテープロードのメカギミック(VHSのビデオデッキのような感じです)を組み込む必要があるため、どうしてもカメラがある程度の大きさになってしまい、テープ部分のトラブル・故障が比較的多いことと、IEEE1394規格の普及がUSB規格と比較してイマイチで、増設カードを購入しなければならない場合があり、さらにパソコンへの映像取り込みが撮影した時間だけかかる(リアルタイムでファイルに変換してパソコン内へ保存するため)こと、映像を保存する際にハードディスクの容量を消費する(1時間で約13GB)ことです。

DVDハンディカム

記録メディアに8cmのDVD-RやDVD-RWを使用し、DVD画質と同じ規格のMPEG2という形式で記録するタイプのビデオカメラです。映像を圧縮しているためDV方式に比べると画質は劣りますが、完成したムービーを配布する際はDVDやVHSで配布するケースがまだほとんどだと思いますので、この点はあまり気にする必要はないかと思います。逆に映像が圧縮されているので、DV方式ほどハードディスクの容量を必要としないのが魅力で、DV方式に比べると約3分の1程度のファイルサイズとなります。またパソコンとの接続はUSB2.0で行い、DVカメラと違って最初からファイル化された映像を転送しますので、取り込み時間が短いことも利点です。そしてDVDに記録するので、カメラ側でDVDメディアにファイナライズという処理をすれば、一般のDVDプレーヤーで撮った映像をすぐ見ることが出来ます。

欠点としては、MPEG2は複雑な圧縮方式であるため、編集する際に多少のパソコンの処理能力が必要なことと、8cmと小型なDVDメディアを使用しているとはいえ、DVカメラより若干カメラサイズが大きいことです。

ハードディスクムービー

MiniDVやDVDに変る映像記憶媒体として、主流になりつつあるハードディスクを内蔵するタイプのビデオカメラです。映像の記録方式はDVDハンディカムと同じくMPEG2か、ハイビジョン対応のものではMPEG4で記録します。DVカメラやDVDハンディカムと比較すると格段にカメラサイズが小さくて重量も軽く、長時間の撮影でもメディアの取替えが必要ないのが最大の特徴です。DVDハンディカムと同様パソコンへの転送はUSBを使用します。

当初は容量の少ないモデルが多かったのですが、最近のモデルは十分な容量を備えており特に欠点らしい欠点が無く、価格面でもハイビジョン対応でなければ3万前後で購入できるものもあります。強いて欠点を挙げれば、記録媒体を交換できないのでPCなど映像データを入れておく場所が別に必要な点、容量が大きいゆえに故障などによって撮影したデータが一気に消失するおそれがある点などです。HDDは衝撃に弱いといわれていますが、カメラを硬い床などに落したりした場合はともかく、滑走時の振動程度では問題は無いかと思います。

ムービーカメラ

このタイプのカメラは三洋電機のXacti(ザクティ)シリーズのようなデジタルカメラの動画撮影機能が発展したモデルが多く、MPEG2かさらに容量を圧縮できるMPEG4(最高画質で1時間1.5GB)という記録方式で、SDカードやCF(コンパクトフラッシュ)といったカードタイプのメディアに映像を記録するのが特徴です。利点はなんといっても携帯性で、小型で軽量なモデルが多く携帯電話のような感覚で雪山に持ち込むことができます。さらに前述のXactiなどデジタルカメラからの発展したモデルは静止画の機能も優れていて、高画質な静止画の撮影はもちろん、動画を撮影しながら静止画を撮影できたりもします。映像の転送はUSB2.0で接続するか、記録メディアに対応したカードリーダーで行います。

ハイビジョン対応のビデオカメラもSDカードを採用しているモデルが多く、ハードディスクと共に大容量となる映像データのメディアとして主流になりつつあります。

このカメラの欠点ですが、画質を犠牲にしている場合が多く、MPEG2や高画質のMPEG4で撮影をするモデルを除くと、ハイビジョンの撮影でもDVD画質と比較すると数段落ちてしまうモデルもあり、MPEG4は編集などにある程度パソコンの処理速度も必要となります。長所として挙げた携帯性も、反面ハンドリングの安定性が悪く手振れの原因となります。またメディアの価格も大分安くなりましたが、他のカメラより割高となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Track Back(0)

トラックバックURL: http://www.ex-snow.net/cms/mt-tb.cgi/132

Contents

Sponsored Link

新着情報

最新コメント

  • べーぶる (2014年1月16日 14:27)
    hiroさんご回答ありがとうご...
  • hiro@管理人 (2014年1月14日 10:12)
    あの頃はあまりスノーボードサイ...
  • hiro@管理人 (2014年1月14日 10:07)
    お久しぶりです! 私の場合で...
  • mabo001 (2013年4月13日 23:42)
    hiroさま ご教授ありがと...
  • hiro@管理人 (2013年4月12日 19:55)
    ROME AGENT 13モデ...

Site Info

携帯サイト

このサイトのRSSを表示 このサイトのRSSを表示

アクセスランキング